Image
0
Image
2024.03.17 9:30-12:00

食料・農業危機の深層子供たちを守るために我々ができることは

鈴木宣弘

命や環境を顧みないグローバル企業の目先の自己利益追求こそが温室効果ガス排出の主因だが、彼らは主犯は農業や畜産だと攻撃し、その解決策として昆虫食、培養肉、人工肉などのフードテックを推進しようとしている。

それこそが、環境への配慮を隠れ蓑に、さらに命や環境を蝕んで、次の企業利益追求に邁進しようとする行為である。この流れを食い止めるにはどうしたらよいか。

詳しく見る
Image
2024.05.19 13:00-15:15

神山プロジェクトから学ぶ地方創生の実践と未来

祁答院弘智

社会は大きな変化の渦中にあり、「変動性」「不確実性」「複雑性」「曖昧性」が増している中、「いかに変化を起こしていくか」という変革への想像力と創造力が求められていると思います。

ほんのちょっとだけ学んで、視野を広げて、モノゴトの考え方・捉え方変えて、勝手な思い込みや解釈じゃなく、事実現状を見極めて、受け入れて、自分の頭でしっかり考えて、等身大の自分を表現してみませんか。 知のコミュニティに参加して活用し、自らも行動していきましょう。

詳しく見る
Image
2024.03.16 15:45-18:45

日本人、謎の大量死今、一国民として何ができるか

藤江成光

『国民の生命を守る』
政治においてこれ以上重要なテーマはあるでしょうか。今、日本人の死亡者が激増しています。新型コロナや高齢化では説明できない、異常な死亡数です。政府はこれを原因不明のまま放置しています。

講義では、これまで集めてきた国の公式データ、それを分かりやすく伝えるグラフ、地方自治体への情報開示請求で分かった新事実など、私の集大成となる情報をお伝えするともに、行動する勇気が漲ってくるような内容にしたいと思います。

詳しく見る
Image
2024.04.21 13:00-15:15

気候危機説の嘘、パリ協定の破綻、日本のエネルギー自死

杉山大志

地球温暖化は緩やかに起きていますが気候危機など存在しないことをデータに基づいて検証します。 パリ協定は先進国だけがCO2ゼロという実現不可能な数値目標を持ち経済自死に向かう歪な枠組みになりました。

トランプ政権の誕生で米国はパリ協定を離脱します。 日本はこのまま欧州と心中するのか、離脱するのか。 現行の極端な脱炭素政策は日本の安全保障と経済を損ない国を滅ぼします。 今年策定される第7次エネルギー基本計画をどうするか。 皆様の活動が日本国民の未来を決めます。

詳しく見る
Image
2024.03.16 13:00-15:30

コロナでわかった日本の医療の課題と闇

森田洋之

「日本の医療は世界一」と言われています。国民皆保険制度で誰でも安価に医療が受けられ、さらに全国どこでも病院があり、大病院へのアクセスもいい。確かに「世界一」なのかもしれません。

しかし、コロナ禍はその日本の医療の脆弱性を露呈しました。ナゼ世界一の病床数を誇る日本で医療崩壊?医療が勧めるワクチンをみんな打ったのに超過死亡?医療全体主義とも言えるこれらコロナ禍に終える諸問題。

高齢者医療・地域医療・感染症・ワクチン・日本や世界の医療制度まで。これら様々な問題とその背景について、会場の皆さんと対話しながら、一緒に語り、考える会にしたいと思います。

詳しく見る
Image
2024.03.16 10:00-12:00

オリエンテーション ~参政党の理念と仕組み~

神谷宗幣

国民主導で日本を良くしていくためには、まず私たちが日本の現状を正しく理解する必要があります。なぜなら、しっかりとした情報を持ち、現状を理解していなければより良い判断をして、国の運営について国民が意見することができないからです。

参政党DIYスクールでは経済、軍事、メディアといった世の中の仕組みを学ぶほか、日本の政治や政策のしくみ、議員や党員として政治に関わるための基礎知識などもしっかりと学びながら「日本の何が問題で、何を守り、何を変えていけばいいのか?」を皆さんと共に考えていきたいと思います。

詳しく見る
Image
2024.04.20 13:00-18:45

時事英語を知り、プレゼン力、伝達力を磨く

山中 泉

高校の英語の成績が最低最悪だった私が、渡米してどうやって英語を学んできたか。 数多くの失敗を重ねて、文法だけでない「生きた」英語をどう使えるようになっていったか。 私自身の体験をふまえながら、政治家のスピーチやニュース番組を聞きながら、時代を表す「時事単語・熟語」を拾い、その背景を知ることで、政治家の発言やニュースの”真の意味”を知ることができるようになります。

日本で流されている翻訳された「ニュース」ではなく、時事英語から実際にいまアメリカや世界で何が起きているかを知るための入口となれば幸いです。

詳しく見る
Image
2024.05.18 13:00-15:30

日本よ、真の自立を実現せよ!~国防と国際政治の現状分析~

田母神 俊

しかし平成に入ってから我が国の経済は停滞を始めました。 今も働く人たちの給料は30年前と変わらないのです。 国民がサボっているからでしょうか。

違います。

政府の経済財政政策が間違っているからです。 なぜ間違ったのか、どのように修正すればよいのか。 しかし今の政府与党には現状を修正しようとする強い意欲が感じられません。 更に傷を深くするために頑張っているようなものです。 私たちは今、強い日本を復活させる新しい政治勢力が必要だと思います。

詳しく見る
Image
2024.06.16 9:30-12:00

「行政と共に地域を変える、日本を変える」~激動の時代とリーダーシップ~

朝比奈一郎

経済産業省での官僚経験を踏まえつつ、青山社中代表として次世代のリーダー育成や地域活性に取り組んできた経験を基に、役所や地域、ひいては国を変えていく心構えや方法論を、改革政党である参政党の皆さんにお伝え出来ればと思います。

激動する現代を切り拓く“リーダー”(始動者)として、ともに頑張って行きましょう。

詳しく見る
Image
2024.06.15 15:45-18:45

激動を価値へ変える〜経済と政治の関係性と経済教育〜

中村公一

現在の『日本経済』はかつての力強さを失っております。何故なのでしょうか?その一つに政治の責任があると思います。 何故なら、そもそも経済とは『経世済民』であり、民を救うために世を治めるものであり、政治の基本だからです。 私は力強い日本経済を取り戻すための鍵は、政治を担う国民一人一人の『経済知識』であると確信しています。

激動の時代を迎える中、激動を価値へと変えるための智慧と勇気を身につける必要がございます。 私が実践で学んできたことをしっかりとお伝えできるように努めさせて頂きます。

詳しく見る
Image
2024.05.18 15:45-18:45

ウクライナ/イスラエル=ガザ戦争、米国の分裂と報道、そしてプロパガンダ

丸谷元人

「生き馬の目を抜くような」厳しい国際政治における日本の立ち位置を知ることで、物事の見え方は大きく変わってきます。 今回は世界を混沌の闇に引きずり込んだ2つの戦争について、また米国の分裂やプロパガンダ報道による認知戦について学びます。

一人ひとりがしっかりと目を見開き、厳しさをもって真摯に立ち向かうことで、初めて日本人は真の戦後を歩み始めることが出来ると思います。

詳しく見る
Image
2024.03.17 15:30-17:45

日本の水産資源管理その明確な問題点と解決策

片野歩

世界人口の増加により水産物の需要は増え続け足りなくなってきています。日本全国で世界の成功例をもとに、科学的根拠による資源管理を行えば、手遅れになる前であれば回復できます。

そしてそれは、地方創生にもつながります。行政や大学教授の方々は「魚が消えて行く本当の理由」を言いません。

「日本の資源管理は素晴らしい」「海外と日本は違う」などといった方が出世できるので、乱獲が原因だとは言いません。

科学的データに基づく資源管理を行えるようにできるかどうかは、政治次第なのです。

詳しく見る
Image
2024.05.19 15:30-17:45

「交通」を通した地域づくり・まちづくり

藤井聡

政治において一番大切なことは、誠実な志を持つ事。 そしてその志の下、社会をよくよく見れば、世間の空気では全く触れられていない様々な問題が容易く理解でき、そしてその処方箋もいくらでも見えてきます。 その一例を私達の社会のなかで特に大切な「交通」の視点からお話しします。

詳しく見る
Image
YouTube Live

開校記念LIVE!

令和6年5月10日(金)21:00になりましたら、下記サムネイルよりご視聴頂けます。
お時間になってもご覧頂けない場合はページを再読み込み下さい。

Next Generation Of Leaders

日本の未来を担う次世代リーダーを輩出する国政政党による国民教育スクール

他人任せでは良くならない日本の現状を国民の力で変えていく。そんな想いで、私たち一般国民がゼロから立ち上げた参政党。

この先、私たち日本人が安心して暮らしていける社会を作るためにこの参政党をプラットフォームとして政治に国民の生の声を届けます。

国民主導で日本を良くしていくためにはまず、私たちが日本の現状を正しく理解する必要があります。

なぜなら、しっかりとした情報を持ち、現状を理解していなければより良い判断をして、国の運営について国民が意見することができないからです。

参政党DIYスクールでは経済、軍事、メディアといった世の中の仕組みを学ぶほか、日本の政治や政策のしくみ、議員や党員として政治に関わるための基礎知識などもしっかりと学びながら

「日本の何が問題で、何を守り、何を変えていけばいいのか?」
を皆さんと共に考えていきたいと思います。

とりわけ今年は世界中で国家の新リーダーを決める大きな選挙も控えており、世界情勢はものすごいスピードであらゆることが動いています。最新の世界の動き、日本の動きについての情報のアップデートは必須な状況。

今回も各専門ジャンルにおいて第一線で取材を続けるプロフェッショナルの22名を講師としてお招きします。しっかり「世界の今」「日本の今」を学んでいきましょう。

一人の先生、一つの情報源から盲目的に学ぶのではなく、様々なスタンスの先生から並行して学ぶことで、多角的な視点を身につけ、より最適な解決策を見つけていきます。

国民の力で日本を変えるチームを一緒につくりましょう。

日程を見る
Image
Image
3324
これまでの受講者数
Image

DIYスクール第5期 最終クール、いよいよ総仕上げ!

DIYスクール第5期 最終クール、いよいよ総仕上げです。
これまで学んだことを実践に移し、社会の変化を先導する力を身につけましょう。

山岡鉄秀氏、中村公一氏からは、視野を広げ、経済と政治が世界でどのように動いているのか、日本の現在地はどこにあるのかを学びます。

多くの仲間を集め、学びを実践に移すには、チームが必要です。安藤広大氏、朝比奈一郎氏からは、激動の時代のリーダーシップと政策実現のための組織運営を学びます。

今シーズンでは、急遽、参政党赤坂ニュースでお馴染みの及川幸久氏の登壇が決まりました。
普段Youtube等の動画ではBANされてしまいかねない、国際情勢の真実についてお話いただきます。

ラストは再び神谷代表の講義で、DIYスクール第5期を締めくくっていただきます。

参政党は、共に学び、仲間を集め、政治に参加し、世の中を動かしていく党です。
講義を通じて、皆さんは沢山の知恵を授かりました。その武器を手に、日本を良くする行動につなげていきましょう!

今からの通信コース申し込みでも、1クール目の講義から遡って受講することができます。知識のアップデートとともに、視野を広げ、日本を良くする行動につなげていきましょう!

録画視聴期限まで残り:

Day
Hrs
Min
Sec
今すぐ参加する!
Schedule Of School

開催日程全4クール

1~4の各クールの見出しをクリックすると日程を確認出来ます。

Image
Speakers

登壇講師

※順不同
※クリックして講師からのメッセージを確認!

Image
詳しく見る

神谷 宗幣

参政党 代表兼事務局長 / 参議院議員
Image
詳しく見る

森田 洋之

ひらやまのクリニック院長 / 日本内科学会認定内科医 / 日本プライマリ・ケア連合学会指導医
Image
詳しく見る

藤江 成光

元国会議員秘書YouTuber
Image
詳しく見る

鈴木 宣弘

東京大学大学院農学生命科学研究科教授
Image
詳しく見る

田中 淳夫

森林ジャーナリスト
Image
詳しく見る

片野 歩

Fisk Japan株式会社 代表取締役
Image
詳しく見る

細川 甚孝

政策プランナー
Image
詳しく見る

山中 泉

一般社団法人IFA代表理事 / ファウンテン倶楽部代表
Image
詳しく見る

加藤 康子

産業遺産情報センター / センター長
Image
詳しく見る

杉山 大志

キャノングローバル戦略研究所研究主幹
Image
詳しく見る

有馬 純

東京大学公共政策大学院 特任教授
Image
詳しく見る

施 光恒

九州大学大学院比較社会文化研究院教授
Image
詳しく見る

田母神 俊雄

軍事評論家
Image
詳しく見る

丸谷 元人

"危機管理コンサルタント / アルファ・リード株式会社 / アテナ・ディフェンス株式会社 代表取締役社長
Image
詳しく見る

室伏 謙一

室伏政策研究室代表 / 政策コンサルタント
Image
詳しく見る

祁答院 弘智

株式会社リレイション代表 / 認定NPO法人グリーンバレー監事 / INACA代表ほか
Image
詳しく見る

藤井 聡

京都大学大学院工学研究科教授
Image
詳しく見る

安藤 広大

株式会社織学 代表取締役社長
Image
詳しく見る

山岡 鉄秀

情報戦略アナリスト
Image
詳しく見る

中村 公一

株式会社GOJO.代表取締役社長
Image
詳しく見る

朝比奈 一郎

青山社中 筆頭代表 CEO / 福井県立大学 客員教授 / ビジネス・ブレークスルー大学大学院 客員教授
Image
詳しく見る

及川 幸久

株式会社及川幸久インスティチュートCEO / 一般社団法人THE COREフォーラム理事長
Image
Live Archive

過去のLIVE!

運営党員
通信コース録画による提供
60,000
一括(カード/銀行振込)
参加する
一般党員
通信コース録画による提供
80,000
一括(カード/銀行振込)
参加する

DIYスクール経験者割引

DIYスクール1~4を過去にご受講頂いた方。
過去に3,324名もの方にご受講頂いております。※イシキカイカクスクール・選挙スクールはこちらの割引の対象外となります。

一般党員通常価格の10000円OFF
運営党員
通信コース録画による提供
50,000
一括(カード/銀行振込)
特典価格で参加する
一般党員通常価格の10000円OFF
一般党員
通信コース録画による提供
70,000
一括(カード/銀行振込)
特典価格で参加する
お申込に関する注意事項

お申込のメールアドレスは音声メルマガを受信している場合はメルマガを受信しているメールアドレスをご記載下さい。

通学コースはリアル会場で受講していただく関係上、席数に限りがありますのであらかじめご了承ください。

ご使用のクレジットカードにより手数料・お支払い日は異なります。

スクールの性質上、お申し込み後のキャンセルは出来ません。

お申込時点で運営党員・一般党員ではない方は各コース(キャンセル待ち含む)にお申込みは出来ません。党員の登録完了後にお申込ください。

運営党員の方がDIYスクールに申し込み、6/16最終講義までに党員種別を変更した場合、その差額をお支払いいただきます。

一般党員で受講申し込み後に運営党員へ種別変更した場合の、「遡っての割引適用」はありません。

受講内容と講師は予定になります。変更があった場合でも、返金の対象とはなりませんのであらかじめご了承ください。

通信コースはライブ配信ではございません。当日の録画による後日のご提供になります。録画のご提供は準備でき次第となります。

通信コースの視聴期限は令和6年12月末日となります。

経験者割引の対象者は過去のDIYスクールの受講者となります。イシキカイカクスクール・選挙スクールは対象外となります。

通学コースお申し込みの方へ
お席の確保は【決済先着順】ですが、決済が成功したことでお席の確保をお約束するものではありません。先着順のシステム判定後にキャンセルとなり、事務局からご連絡することがありますため、特に遠方よりご参加予定の方はご注意ください。

Image
Customer's Voice

受講者の声

田中淳夫氏「絶望の林業を超えて」

「現場に足を運び、人と関わり得た情報を元に分析されそして愛のある心で思ってくれている。こんな方が日本におられたということを伝えたいです。

埼玉県 女性 40代

女性

片野 歩「日本の水産資源管理:その明確な問題点と解決策」

日本の漁業は、島国だから先進国だと思い込んでいたが、実は後進国だったということを、もっと広めて自覚してほしい。

女性 兵庫県 50代

女性

藤江 成光氏「日本人、謎の大量死 ~今、一国民として何ができるか~」

完璧だと思います。専門家ではない私たちが議会で使える最大の情報を突き詰めていらっしゃいます。探し方、数字の作り方、使い方、考え方、戦い方全てが詰まった工具箱のような講義でした。

女性 埼玉県 40代

女性

片野 歩「日本の水産資源管理:その明確な問題点と解決策」

今回のお話の中で一番驚いたのが、「魚の水揚げ量が少ないのは日本だけ」というお話でした。わかりやすい写真とグラフで写真を持ち帰り埼玉北部エリアの希望者に真っ先にこの話をいたしました。とてもシンプルなお話だったので伝えやすかったです。

女性 埼玉県 40代

女性

田中淳夫氏「絶望の林業を超えて」

講義を受け日本の問題点のベースは共通していると思いました。
おかしいと思っても変えない、おかしいという意見を聞かない、言わない、言っても潰される。
違う意見や考え方を言われると個人攻撃と捉え感情的に反応したり、他人の考えをリスペクトし議論する事ができない。
そんな日本人の弱い部分が日本を衰退させている一因のような気がしました。
日本再生の為には教育を変える必要があるという参政党の考えに益々共感しました。

男性 岡山県 50代

男性

鈴木 宣弘氏「食料・農業危機の深層~子供たちを守るために我々ができることは」

農業の問題はなんとなくで感じていましたが、現状を聞いて、驚嘆し、圧倒されてしまいました。国民を守るべき立場の方達が、守る姿勢がなければ本当にこの国は終わると強く感じました。

女性 東京都 40代

女性
Image
Digest Movie

第1クールダイジェスト

A Challenge To Myself

日本の未来を担う、自分への挑戦〜若者が輝く希望溢れる国を共に創る〜

私たち参政党は、参議院選挙と統一地方選挙の勝利を経て、130名の議員を擁する政党として成長しました。私たちの使命は、責任を持って次世代に繁栄する日本を継承すること。そのために、国民一人ひとりが日本の未来を見据え、共に課題解決に取り組む「国民運動」を推進して行かねばなりません。

日本が直面する現状を冷静に捉え、隠れた真の課題を発掘する。一見、常識に反するように見えるかもしれませんが、私たちはその深層にある真実を探究します。そして、最適な解決策を提案し、実行に移す力を、党員の皆さんにも育ててもらいと思っています。

参政党と共に、責任ある人材として、日本の明るい未来を創り出しましょう。皆さんの力が、若者が希望を持てる国への重要な一歩となるのです。

学びを始める