NEWS

【10/30(土)】神奈川支部タウンミーティング『サイレントインベージョンと日本の未来』のご案内

『サイレントインベージョンと日本の未来 』サイン会も開催 !

 

【10/30(土)】神奈川支部タウンミーティング『サイレントインベージョンと日本の未来』のご案内

 

YouTube番組「古是三春/篠原常一郎チャンネル」でお馴染みの、あの二人が皆さんの前に登場!

ネットでは検閲に配慮しながら「言葉の芸術」を使って、当たり障りのない表現を余儀なくされていますが、この度はリアルな場で思う存分ストレートに語っていただきます!

 

ところで超限戦という言葉(書籍)をご存知ですか?

1999年に当時現役の軍人であった喬良と王湘穂が、世界が直面する新たな戦争として「超限戦」を提起し、世界の超大国アメリカの状況を詳細に分析し、まとめ上げた研究書です。

戦いといってもこれからは武力による戦争だけでなく、情報戦争、ハッキング、テロ工作、貿易戦争、金融戦争、国際政治謀略、生物兵器、気象兵器などなど、なんでもありの総合戦になるという話です。
発表当時は国際社会への「警鐘」として受け止められましたが、著者が人民解放軍の将校であることから、各国の軍事・安全保障関係者の間では様々な憶測を呼び注目を集めました。

しかし、残念な事に中国の本音を見抜く者は、当時はまだ少数でした。世界はまだ目覚めていなかったのです。

そんな中、その隠された中国の本音が牙を剥き、標的とされた国の中で注目したい国はオーストラリアです。
2017年、オーストラリアは中国に仕掛けられた「超限戦」によって入念な浸透工作が静かに完了しようとしていました。
中国系企業による港の買収。電力会社・送電会社の所有権を取得。農地の買い漁り。移民増加による都市部のチャイナタウン化。留学生の増加で大学へ圧力。留学生によるデモ。政治家への賄賂。メディアへの浸透。議会へのサイバー攻撃。ありとあやゆる面で内部浸透工作が進行していきました。

 

その時、1冊の本によりオーストラリアは正気を取り戻します。
ハミルトン教授による「サイレント・インベージョン」です。

 

この1冊が嚆矢となり「ターンブル政権」によって、外国人・企業からの献金禁止の法制化や「スパイ活動」の定義拡大の動きにつながることとなり、現在もこの戦いは継続中です。

 

2020年5月にこの「サイレントインベージョン」~目に見えぬ侵略~は、山岡鉄秀氏(監訳)、奥山真司氏(翻訳)により日本にも紹介されています。

 

さて、日本の現状はどうでしょう?

 

外国の干渉を防止するための法体系の整備は遅々として進んでいません。
オーストラリアと同様、いやそれ以上の浸透工作が進んでいるのではないでしょうか。

このような状況を憂い、この度「参政党」では山岡鉄秀氏をお招きし、党のボードメンバーである篠原常一郎氏との対談を通して日本の課題を浮き彫りにし、日本の未来について語り合っていただきます。

 

ゲストのお二方から、自らの頭で考え情報を分析し、自立した仲間を作って、共に生きるヒントを学びませんか?

そして、あらゆる角度から飛来する情報戦について理解を深めていただき、混沌とする世界を生き抜き、大切な人を守る情報武装をしていただければと思っております。

 

当日は、篠原先生/山岡先生の著書をお持ちの方にサイン会も開催する予定です。
会場にて書籍販売も予定しております。

 

【開催概要】

開催日 :2021年10月30日(土)
開催時間:15 :30 ~ 18:30 (受付開始 : 15 : 30 〜 )
主催 : 参政党神奈川支部
参加費:イベント 有料 3,500円 (現地払い) 
懇親会費 :有料 4,500円(現地払い) 19:00 〜 21:00

詳細・お申込み:
https://sanseito-silentinvasion.peatix.com/view

 

【キャンセルについて】
・キャンセルは基本的に受付ておりませんので、ご了承ください。
・開催日 2週間前 10/17(日) 以降のキャンセルは入場券や懇親会費を請求させていただきます。あらかじめご了承ください。

【ご参加にあたってのコロナ感染対策について】
1.「特措法に基づく緊急事態措置に係る神奈川県実施方針」に基づき感染症対策を行います。
2. 会場内外での常時マスクの着用をお願いいたします。
3. 以下に該当される方は入場をお控え頂きますようお願いいたします。
・新型コロナウイルス感染症陽性者との濃厚接触がある方
・同居れている方や身近な知人に感染が疑われる方がいらっしゃる方
・過去14日以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国や地域等への渡航ならびに当該在住者との濃厚接触がある方
4. 入口での検温で37.5°C以上の方は入場をお断りする場合があります。
5. 人が集まるあらゆる場所で新型コロナウィルスにさらされることは固有のリスクであり、来場中に曝露されないことを保証するものではありません。

【お問合せ先】
 参政党神奈川支部 イベント事務局 sanseito.kanagawa.shibu.mail@gmail.com

BACK