理念・規約 理念・規約

理念・規約

綱領

  • 先人の叡智を活かし、天皇を中心に一つにまとまる平和な国をつくる。
  • 日本国の自立と繁栄を追求し、人類の発展に寄与する。
  • 日本の精神と伝統を活かし、調和社会のモデルをつくる。
理念・規約

第1章 総則

第1条(名称)

本党は参政党と称する。

第2条(党本部)

本部を東京都に置く。

第3条(目的)

本党は、次の各号に掲げる党の理念、綱領及び政策を実現することを目的とする。

1.理念
日本の国益を守り、世界の大調和を実現するための党をつくる。
2.綱領
① 先人の叡智を活かし、天皇中心に一つにまとまる平和な国をつくる。
② 日本国の自立と繁栄を追求し、人類の発展に寄与する。
③ 日本の精神と伝統を活かし、調和社会のモデルをつくる。

第4条(活動年度)

本党の活動年度は、毎年4月1日から翌年の3月31日までとする。

第2章 党の構成員

第5条(党員)

1.本党は本党の綱領及び政策に賛同する日本国民で、本党規約の定めに沿って本党の活動に参加する者を党員とする。
2.党員には一般党員、運営党員の2種類を設ける。以下、指定がない場合は、両方の党員を指す。
3.党員は、下記の権利を有する。

  • ・本党の活動に関しての定期的な情報を受け取ること。
  • ・本党の政策に関し、提案すること。
  • ・本党の出版物・イベント等を通じて、本党の活動に関する議論を行うこと。
  • ・本党主催の政策学校などへの参加資格。
  • ・党大会等の大規模イベントへの企画運営参加資格。
  • ・地域の支部への参加。

4.党員は、次の各号に掲げる義務を有する。

  • ① 本党の理念、綱領、政策及び本党規約を守ること。
  • ② 一般党員、運営党員は、それぞれに決められた党費を納めること。

第6条(離党)

1.本党からの離党を希望する者は、所定の様式にて離党の届出を行うこと。
2.党員が死亡した場合は、離党したものとみなす。

第3章 議決機関

第7条(党大会)

1.本党の最高議決機関を党大会とする。
2.党大会の構成員や議事及び運営については、事務局が別途、党大会議事細則で定める。

第8条 (党大会の種類及び招集)

1.党大会は、ボードの議決を経て、年1回、代表が招集する。
2.代表は、ボードメンバーの2分の1以上の請求があったとき、臨時党大会を招集しなければならない。
3.ボードは、支部長会議で臨時党大会の開催を決議したとき、当該臨時党大会の開催の是非を検討、判断しなければならない。

第9条(党大会の成立及び議事)

1.党大会の議長は、その都度、当該党大会において公選する。
2.党大会は、党員の2分の1以上の出席がなければ会議を開くことができない。ただし、党員は委任状をもって出席要件を満たすことができる。
3.党大会の議事は、出席者の過半数で決する。

第10条 (党大会の決議事項)

党大会は、次の各号に掲げる事項を決定する。

  • 1.本党規約の変更
  • 2.収支予算の決定、変更及び決算の報告
  • 3.事業計画及び事業実施結果の報告
  • 4.党費の額の設定及び変更
  • 5.本会の解散及び残余財産の処分
  • 6.その他、特に重要な事項

第4章 執行機関

第11条(ボード)

  • 1.本党を代表する最高責任機関としてボードを置く。
  • 2.ボードの構成員たるボードメンバーの任期は党大会期間(次の党大会まで)とし、再任を妨げない。
  • 3.ボードメンバーの選任は、ボードメンバーの過半数の承認のもと、ボードが決定する

第12条(ボードの成立及び議事)

  • 1.ボードは、代表が必要と認めたとき、代表が招集する。
  • 2.ボードの定足数は、ボードメンバーの2分の1とする。ボードの議決はボードメンバーの出席者の過半数をもって決し、可否同数の場合は、代表がこれを決する。
  • 3.ボードは、代表が主宰し、代表の要請に基づき、事務局長が運営する。
  • 4.本党規約に定めのない事態が生じたときは、ボードメンバーの3分の2で、その対応を決定する。

第13条(代表・副代表)

  • 1.代表は、本党を象徴し、選挙及び広報の最高責任者とする。
  • 2.代表の任期は党大会期間(次の党大会まで)とし、再任を妨げない。
  • 3.代表の選任は、ボードメンバーの過半数の承認のもと、ボードが決定する。
  • 4.代表は、必要に応じて、副代表の選任を、ボードに依頼することができる。
  • 5.代表及び副代表は、ボードメンバーから選任する。

第14条(支部長会議)

  • 1.ボードは、支部との意思疎通を図る手段として、支部長会議を設置する。
    支部長会議には、支部長又は支部長に準ずる者(以下「支部長等」という。)、事務局のほか、特別に出席することが認められた者に限り、その都度出席することができる。
    なお、支部長に準ずる者は、当該支部長会議に出席する前に、当該支部長の委任及び事務局の承認を得なければ出席できない。
  • 2.支部長等は、支部長会議の内容について、必要に応じて、支部党員に伝達し又は意見を聴取することができる。
  • 3.前項の規定は、支部長から委任された副支部長及び会計について準用する。
  • 4.支部長等は、支部内で一定の賛同が得られた意見を、支部長会議に上申することができる。
  • 5.支部長会議は、支部長会議を円滑に処理する手段として、議決権を持たない支部長予備会議を設置することができる。なお、支部長予備会議の構成及び運用等については、支部長会議運用規則にて定めるものとする。

第15条(事務局長・副事務局長)

  • 1.事務局長は、党務全般を管理し、その所管する業務を統括する。
  • 2.事務局長の選任は、ボードメンバーの過半数の承認のもと、ボードにおいて決定をする。
  • 3.事務局長は必要に応じて事務局長の選任を、ボードに依頼することができる。
  • 4.事務局長及び副事務局長はボードメンバーから選任する。
  • 5.事務局長は支部に対し、議員候補を推薦できる。

第5章 支部組織

第16条(支部構成)

  • 1.支部は支部長、議員及び議員候補者、当該支部内で投票権を有する党員によって構成される。
  • 2.支部長は、事務局長の指名によって決定する。

第17条(支部長の権限)

  • 1.支部長は、当該支部の規約、収支予算の決定・変更、事業計画及び事業報告、解散及び残余財産の処分に対する責任と義務を有する。
  • 2.支部長は、当該支部に所属する議員を選出する予備選挙に関する手続きを統括する。
  • 3.支部長は、当該支部に所属する議員及び党員の除名を、ボードに対し要請する権限を有する。

第18条(議員)

  • 1.候補者となる者はボードによる審査を受けなくてはならない。また、同選挙区に定員以上の候補予定者がいる場合は各支部で予備選挙を行う。
  • 2.予備選挙の方法は、党員による投票によって行うものとする。
  • 3.党所属の議員は、同一の支部における同一の議員職に関する選挙に3回まで立候補できる。
  • 4.綱領にかかわるような必要最低限なものを除き本党は議員を党議拘束はしない。
  • 5.議員は本党規約に署名し、事務局が指定する支部に所属するものとする。

第6章 倫理規定

第19条(除名)

党員が次の各号の一つに該当するとき、本党は、ボードの議決に基づき、当該党員を除名することができる。

  • 1.本党の名誉を傷つけた又は目的に反する行為を行ったとき。
  • 2.党費の納入義務を履行しないとき。
  • 3.その他、党員としてふさわしくない行動を行ったとき。

第7章 会計及び予算等

第20条 (党財政)

本党の経費は、党費、寄附、事業収入その他の収入をもって充てる。

第21条(予算及び決算)

  • 1.本党の予算は、事務局が編成し、支部長会議の承認を経た後、ボードの議決の上、党大会の決議をもって決定する。
  • 2.本党の決算は、会計年度ごとに監査を受け、支部長会議の確認を経た後、党大会による決議を必要とする。

第22条(会計年度、会計監査)

本党の会計年度は、第4条の規定に関わらず、1月1日から12月31日までとする。

第23条(財産の請求権)

党員は、本党を離党し若しくは除名された場合、本党の資産に対し、何等の請求をもなし得ない。

第24条(党費)

  • 1.党員は、毎月所定の党費を月末までに納入しなければならない。
  • 2.前項の党費については、立党時に代表が定める党費とし、党費の変更は党大会の決議により行う。
  • 3.既納の党費等は、理由の如何を問わず、返還しない。

補則 第25条(会計年度)

党の会計年度は、毎年1月1日から同じ年の12月31日までとする。
附則 本党規約は令和2年4月11日の結党の日より施行する。