POLICY 政策

六の柱 六の柱

自らの国は自ら守る
“国防力と危機管理力づくり”

六の柱 六の柱

多面的領域で瞬時に致命的ダメージを与える現代戦のもとで、専守防衛では人命と国土を護れなくなっています。時代に即した21世紀型の防衛戦略や危機管理体制の構築、及び日米安保条約と日米豪印戦略対話(Quad)をアジア海洋同盟として進化させ、自由で開かれたインド太平洋地域における連携を強化します。 また、上記の諜報・浸透・破壊工作等の危機管理以外にも、いま世界の災害大国となった日本では国民の命と生活の安全保障を強化することが喫緊の課題であり、防災・減災面を始めとする危機管理体制を強化するとともに、ハード・ソフト両面での国土強靭化を、日本固有の自然環境や生態系と調和した総合的な視点から進めます。

六の柱

専守対応から「先手」対応へ!

( 2021年11月 現在 )

BACK